ミラドライをご存知ですか? | 西宮で医療脱毛・シミ治療なら【たろうメディカルクリニック】美容医療

コラム

COLUMN

ドクターブログ

ミラドライをご存知ですか?

いよいよ誰の目にも紫外線が強くなってきているのがわかるこの頃になってきました。

紫外線対策、きちんとしてくださいね。

 

さて、皆様

しみもですが、同時にもう一つ、汗の気になる季節になってきましたね。

真夏はまだ少し先ですが、男女問わずお悩みの一つと思います

 

皆様はどうされているでしょうか?

御自宅で、制汗剤やパッドを使っておられる方も多いと思いますが

クリニックでできる

汗を抑える施術があることはご存知でしょうか。

 

手術!

そうですね、病院で施術、となれば手術が思い浮かぶと思います。

でも手術は怖いし、、、うまくいかなかったっていうのも聞いたことがある。。。

 

確かに。手術は術者の技量も関係してきます。

 

私自身も手術をさせていただいたことはありますが

正直言って、

「こんなことしていいの???」

と思うくらい皮下の汗腺をとらないといけません。

つまり、必然的に皮膚の血の巡りが悪くなるのですね。

すると、傷がうまく治らなかったり、治るのに時間がかかったり、ひきつれたり

することがあります。

 

でも

それを心配して手加減すると

今度は

効果があまり感じられない

ということになります。

 

そして

出血予防に

術後、腋に大きなガーゼのおだんごをはさんでもらって

安静にしていただく必要があります。

 

なかなか手術は大変なのです。

 

手術はちょっと。。。とおっしゃる方の気持ちも

よくわかります。

 

これまでは

「制汗剤」

「腋窩ボトックス」

そしてその次はいきなり

「手術」

ボトックスと手術の間がありませんでした。

 

そんな中、数年前にいよいよ日本にも

「ミラドライ」

が導入されました。

たろうでも開院時から導入しており

たくさんの方に喜んでいただいております。

 

「ミラドライ」ってなあに?

これは手術ではなく

脱毛施術のように

機械を腋に当てて熱を与えていく施術です。

こちらもご参照くださいね。

 

だから手術のような術後安静は必要なく

普通のお仕事なら

普段通りしていただけます。

 

そして

手術と同等の効果があるといわれています。

 

ご本人は腕を上げて横になってじっとしているだけです。

(これはこれで疲れるのですが、肩が痛くなったら

言ってくださいね。)

まず腋の部分に印を付け、麻酔をします。

これはミラドライを照射する部位を

お水で膨らませて施術を確実にすると同時に

その下にある大事な神経や血管を傷つけないため

でもありますので

少々時間をかけて行います。

 

 

麻酔が終わったらいよいよ施術開始です。

こんな感じで脇に当てていきます。

「ミラドライ」ってなあに? 

 

普通は、痛みはありません。

外から見ると、小さい掃除機で皮膚が吸われている感じです。

麻酔時間も入れると1時間半から2時間といったところでしょうか。

もちろん、肩が痛くなればいつでも言ってくださって結構です。

 

終わったら少し内出血ができます(「小さい掃除機」で吸われますので)が、

手術と違いおだんごガーゼで圧迫する必要もありません。

施術後の痛みや熱感、腫れはありますが手術に比べれば

楽だと思います。

 

原理的には効果は直後から感じていただけるはずですが

最終的な効果判定は3か月後となります。

 

もし3か月後

効果が物足りない。。。

と思われる方は再施術となりますが

当院では今のところ、ほとんどおられません。

 

いかがでしょうか。

手術と同等の効果がありながら

施術後格段に楽な施術がミラドライです。

 

現在当院ではモニター募集をしております

とは言っても別に顔や名前が出るわけではありません。

お気軽にお問い合わせください。

汗の気になる季節に向け、お悩みを解消しましょう。

お待ちしておりますね。

i

たろうメディカルクリニック ミセルクリニック西宮院 ページの先頭へ戻る